SUPPORT

高等教育の修学支援について

背景

東京スポーツ・レクリエーション専門学校は、
高等教育の修学支援新制度の対象校です

高等教育の修学支援新制度とは、家庭の経済事情に左右されずに、意欲のある子供たちが、社会で活躍できる人材を育成できる高等教育機関へ進学し、学ぶことができるようにする国の新しい修学支援制度です。

制度の内容

  • 入学金・授業料の減免制度日本学生支援機構の給付型奨学金(所定の条件を満たせば返還不要の奨学金)で支援する制度です。
  • 入学金・授業料の減免金額は、住民税非課税世帯は基準額の全額、それに準ずる世帯は基準額の3分の2または3分の1となります。

※2019年10月現在の情報です。変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

制度を利用できる方

下記の①~③をすべて満たすことが必要です。

家計の経済状況に関する要件
  • 所得に関するもの

    • 第Ⅰ区分:住民税非課税世帯⇒入学金・授業料の基準額全額免除
    • 第Ⅱ区分:上記に準ずる世帯⇒入学金・授業料の2/3免除
    • 第Ⅲ区分:上記に準ずる世帯⇒入学金・授業料の1/3免除
学修意欲に関する要件

下記のいずれかに該当する方

  • 高等学校で給付型奨学金を予約採用で申込み、採用された方
  • 進学後に本校で給付型奨学金を申込み、採用された方
    高等学校の評定平均値が3.5以上
    (3.5未満の場合は、学修意欲など確認させていただきそれを満たす方)
その他の要件
  • 高等学校を卒業後、2年以内の方
  • 日本国籍を有する方

減免額・給付額・世帯収入基準

入学金・授業料の免除額(総合演習費・諸費用は対象外です)

入学金(免除後) 授業料(免除後) 納入額
第Ⅰ区分 0円
(100,000円)
290,000円
(590,000円)
290,000円
第Ⅱ区分
(2/3減免)
33,300円
(66,700円)
486,600円
(393,400円)
519,900円
第Ⅲ区分
(1/3減免)
66,600円
(33,400円)
683,300円
(196,700円)
749,900円
  • ※(  )内は免除額。授業料の免除額の上限金額は590,000円。
  • ※アスレティックトレーナー養成科は上記と金額が異なります

給付型奨学金の金額

自宅通学 自宅外通学
月額 年額 月額 年額
第Ⅰ区分 38,300円 459,600円 75,800円 909,600円
第Ⅱ区分
(2/3減免)
25,600円 307,200円 50,600円 607,200円
第Ⅲ区分
(1/3減免)
12,800円 153,600円 25,300円 303,600円

所得水準上限の目安・・・参考例

住民税非課税 左記に準ずる世帯
第Ⅰ区分 第Ⅱ区分 第Ⅲ区分
ひとり親世帯
生計維持者が母
こども2人
(入学予定者と高校生)
~約289万円 ~約391万円 ~約457万円
両親が生計維持者
(1人は無収入)
こども2人
(入学予定者と高校生)
~約295万円 ~約395万円 ~約461万円
  • ※上記は給与所得のケースです。事業所得の場合は基準が異なります。
  • ※日本学生支援機構のHPにある『進学資金シミュレーター』で各家庭に応じた目安を調べることができます。

日本学生支援機構HP