在校生インタビュー

  1. HOME>
  2. 在校生インタビュー>
  3. 宮内 嶺次さん
STUDENTS 01 スポーツトレーナー科 2015年入学 宮内 嶺次 (みやうち れいじ) さん

PERSONAL DATA

  • 性別:男性
  • 趣味/特技:トレーニング、栄養管理
  • 部活/サークル:トレーニング
  • 休日の過ごし方:トレーニング

アメリカに行きたいから学ぶと決めた

幼い頃から野球が好きで、将来は野球に関わる仕事がしたいと考えていました。やるからには本場のアメリカで学びたいと思っていましたが、両親は大反対。まずは日本の専門学校で、基礎を学んでから考えてほしいと懇願されました。せっかく専門学校に進学するのであれば実践的な授業だけではなく、海外研修がある学校がいいと思っていたんです。実践教育に力を入れ、アメリカでの海外研修もあるこの学校は、まさに理想。運命を感じ、入学を決めました。

自分ではなく、人のために

「CLUB-TSR」で自分が指導した人に結果が出たときに、大きなやりがいを感じます。それがきっかけで、入学前はただ漠然とアメリカで野球に関わりたいと考えていましたが、トレーナーとしてさまざまな人をサポートしたいと思うようになりました。
入学前はトレーニングをすることはほとんどありませんでしたが、人に教えるためにはまず自分がやってみなければ……と思い、先生や先輩に教えてもらいました。気づくと、トレーニングが趣味になってたんです。
トレーニング効果を十二分に引き出すために食事にも気を付けています。

子どもたちが活躍するきっかけになりたい

将来は、アメリカでトレーナーをしたいと考えています。どのようなトレーナーになりたいかはまだ模索中ですが、成長期の子どものトレーニングをサポートするのもいいかなと思っています。将来、自分が教えた子どもたちが世界で活躍するかもしれないと、想像するだけでわくわくします。
また、両親のおかげで好きなことを学べているので、卒業後は親孝行をしたいです。

入学を目指す人へメッセージ

学んだことをCLUB-TSRですぐにアウトプットできるのが最大のポイントだと思います。
姿勢の改善やシェイプアップなど、自分が指導した人に結果が現れたときの喜びは格別です。
TSRは夢に向かって本気で取り組める環境です。自分の成長にもなるし、それが人のためにつながります。周りの学生の意識も高いので、切磋琢磨しながら学べるのも大きな特徴だと思います。