在校生インタビュー

  1. HOME>
  2. 在校生インタビュー>
  3. 諏佐 凪沙さん
STUDENTS 04 スポーツインストラクター科 2015年入学 諏佐 凪沙 (すさ なぎさ) さん

PERSONAL DATA

  • 性別:女性
  • 趣味/特技:古着屋さんめぐり
  • 部活/サークル:なし ※ダンス専攻リーダー
  • 休日の過ごし方:映画鑑賞

諦めかけた夢を叶えられる場所

小学生の頃からダンスが大好きで、スクールに通っていましたが、中学は陸上部、高校ではハンドボール部に所属していたのでほとんどダンスをする時間が取れませんでした。ダンスへの想いはずっとあって、将来はダンスに関わる仕事をしたいと強く考えていたんです。人に教えることも好きだったので、体育大学へ進学し、ダンスのインストラクターになりたいと思っていました。しかし、試験はまさかの不合格。それでも夢を諦めきれず、いろいろ調べているときに出会ったのがTSRでした。入学を決めた理由は、ここなら自分の夢が叶えられると感じたからです。

不安もあったけど、これからはクラスのリーダー

地方からの上京、初めての一人暮らし……最初は不安なことばかりでしたが、今は友達や先生にも恵まれ、好きなことを学びながら充実した日々を送っています。電車の乗り継ぎにも慣れ、休日は趣味の古着屋巡りを楽しんでいます。
来年度からダンス専攻のリーダーを務めます。先生と先輩からの推薦だったので、プレッシャーも感じますが、クラスのみんなと協力して「CLUB-TSR」や、「すくすくスクール」での活動をよりよいものにしていきたいと思います。

先生みたいなスタジオインストラクターに

入学当初は、ダンスインストラクターを目指していました。しかし、ある先生との出会いをきっかけに、ダンスだけではなくエアロビクスなども教えるスタジオインストラクターになりたいと思うようになりました。厳しい先生ですが、授業を楽しく盛り上げてくれるだけでなく知識や技術、さまざまな刺激をくれます。先生が教えてくれるエアロビクスとダンスの授業は大好き。先生のようなインストラクターになるために、何事も楽しんで学びたいと思っています。

入学を目指す人へメッセージ

学んだことはCLUB-TSRですぐ実践できるので、インストラクターとしての即戦力を養うことができます。2年という短い期間で、豊富な知識と経験を得ることができるのはTSRならではだと思います。
また、CLUB-TSRでの活動を通して、社会人としての心構えや姿勢を養えるだけではなく、働くということを身近に感じながら学べるのも魅力です。
スポーツが大好きで、誰かの役に立ちたいと考えている人であれば充実した学生生活が送れると思いますよ。