ミッション

  1. HOME>
  2. 学校紹介>
  3. ミッション

TSRのミッションは、
スポーツ分野の職業人教育を通じて社会に貢献することです。

ビジョン

TSRのビジョンは、3つの建学の理念〔実学教育・人間教育・国際教育〕を実践し、4つの信頼〔学生からの信頼、業界からの信頼、高等学校からの信頼、地域からの信頼〕を得ることです。
また、このビジョンを具現化するために、日本で初めて学校とスポーツクラブを一体化したカリキュラム「CLUB-TSR」(※)を開発し、クラブ会員やアスリートのスポーツ指導・支援を通じて、地域スポーツの普及・振興に貢献しています。

※学校まるごとスポーツクラブCLUB-TSR
CLUB-TSRとは、東京スポーツ・レクリエーション専門学校と株式会社スーパーモードが連携し、学内施設を地域の方々に開放し、学生と講師、教職員が一体となって運営している地域スポーツクラブです。
公式サイトアドレス:http://www.clubtsr.tsr.ac.jp/

教育目標

多様化するスポーツ業界、レクリエーション業界、医療業界で活躍する「健康」(※)の専門家を養成することを通じて、人々が健康で生きがいに満ちた社会の実現を目指します。

※TSRが考える健康の5大要素
WHO(世界保健機構)が定義する健康の維持・増進のために必要な3大要素は、適切な「栄養」、「休養」、「運動」です。TSRでは、この3要素に、心の健康に必要な「生きがい」、「コミュニケーション」を加え、健康の知識・技術を身につけた人材を養成しています。

東京スポーツ・レクリエーション専門学校 沿革

1978年
本校の運営母体である「学校法人滋慶学園」の前身、東京薬学専門学院を開校。
1984年
「学校法人滋慶学園」を設置。東京医薬専門学校に改組。
1989年
東京福祉専門学校開校。
1995年
東京福祉専門学校健康福祉科スポーツ系コースが発展的に独立し、東京スポーツ・レクリエーション専門学校を開校。
1998年
東京スポーツ・レクリエーション専門学校第二校舎完成。
2009年
東京スポーツ・レクリエーション専門学校より医療系3学科(柔道整復科、鍼灸科、理学療法科)が、東京メディカル・スポーツ専門学校として分校。
2011年
学内スポーツクラブ「CLUB-TSR」を開設。
2015年
スポーツトレーナー科、スポーツインストラクター科が「職業実践専門課程」として文部科学大臣より認定。
2016年
こども保育スポーツ科が「職業実践専門課程」として文部科学大臣より認定。