くじらの学校?

  1. HOME>
  2. 学校紹介>
  3. くじらの学校?

TSRのシンボル“ザトウクジラ”

第1校舎の屋上にあるザトウクジラの親子像

「コミュニケーション」が得意なザトウクジラ

ザトウクジラはクジラの中でも好奇心旺盛で感情豊かな種類。
大胆にジャンプする姿やユニークな歌が人気で、15mにもなる巨体からは想像できないほど優しい目をしています。
また、遠く離れた仲間とも超音波で話せるコミュニケーション能力があります。

TSRではシンボルであるザトウクジラの特長に合わせ、「スポーツ」「レクリエーション」「コミュニケーション」の3つの要素を取り入れた「実学教育」「人間教育」「国際教育」を理念として掲げています。

スポーツの普及・発展に貢献する人材には、知識や技術はもちろん、コミュニケーション力が求められています。
ザトウクジラは北極から南極まで全世界の海に住んでいて、その海はすべてつながっています。

グローバル社会において、海外でも活躍できるスポーツ支援人材を育成すること。
それがザトウクジラをシンボルとする、TSRの教育目標です。

地域から愛される“くじらの学校”

TSRは、スポーツの専門学校であるとともに、“CLUB-TSR”を運営しています。普段学生が学んでいる学校の設備を、地域住民の皆様に開放する総合地域型スポーツクラブです。スポーツを通した“学校×地域”のコミュニケーションから、健康で明るいコミュニティの発展に貢献できるよう、活動しています。

CLUB-TSRの各プログラムは、TSRの学生が中心となって指導しています。“学生×地域住民”のコミュニケーションが生まれ、学生にとっては学んだことを実践する機会でもあります。
CLUB-TSRは学生の成長の場であり、スポーツを通して地域住民の皆様とTSRをつなぐ場です。

TSRは地元の皆様から親しみを込めて、“くじらの学校”の愛称で呼ばれています。