やっぱりスポーツを仕事にしたい

  1. HOME>
  2. やっぱりスポーツを仕事にしたい

大学・社会人を経て夢を叶えた卒業生

  • 私のきかっけ サッカーに関わっていたい

    ヴィッセル神戸馬場 浩平さん 大学→TSR→アスレティックトレーナー養成科

  • 私のきかっけ 手に職をつけたい。

    R-body project宮山 卓也さん 大学→TSR→アスレティックトレーナー養成科

  • 私のきかっけ お客様からの質問に答えられなかった。

    スポーツジム三田村 真希さん パーソナルトレーナー→TSR→
    アスレティックトレーナー養成科

  • 私のきかっけ プロ選手としてでなくても、スポーツに関わりたい。

    スポーツ用品企画開発岩井 栄作さん 大学→TSR→スポーツマネジメント専科

  • 私のきかっけ マネージャーになりたい。

    プロサッカーチーム森島 くるみさん 大学→TSR→スポーツマネジメント専科

  • 私のきかっけ

    日本野球機構鈴木 翔太さん 大学→TSR→スポーツマネジメント専科

卒業生

ヴィッセル神戸 馬場 浩平さん

取得資格
アスレティックトレーナー、鍼師、灸師

TSRに入学する前の経歴

大学卒業→TSR

再進学しようとしたきっかけは?

大学のサッカー部で学生トレーナーとして活動をしている時、専門知識が必要だと感じました。
プロのユースチームに所属する後輩から「TSRはサッカーに強い学校ですよ」と薦められたこと、サッカーチームのトレーナーとして仕事がしたいという夢があり、TSRはサッカーチームへの就職実績が多かったことからTSRへの入学を決めました。

再進学してよかったことは何ですか?

後関先生のアスレティックトレーナー概論はとても役立ちました。トレーナーとしての振る舞いはもちろん、人として社会人として必要なことを学びました。Jリーグチームのトレーナーとして仕事をするようになりましたが、今でも後関先生に教わった内容が現場で活きています。

仕事のやりがいやこれからの目標を教えてください。

ユースメンバー(高校生)が、トレーニング前後で変化が出すことが出来たときや、怪我をした選手が無事復帰して、試合で活躍しているところを見たときはとてもやりがいを感じます。
今年度からトップチームも時間が空けば担当しています。今後は、もっと上のカテゴリーでトレーナー活動をしていきたいです。

再進学をめざしている人へのメッセージ

この業界は自分も含めて再進学して働いている人が多くいます。
そのため再進学だから遅いという事はなく、この業界で働くチャンスは誰にでもあると思います。

卒業生

R-body project 宮山 卓也さん

取得資格
アスレティックトレーナー

TSRに入学する前の経歴

大学卒業→TSR

再進学しようと思ったきっかけは?

大学3年次の就職活動中に震災が起こりました。被災地に行ってボランティアで誰かの役に立ちたいと思いましたが、就職活動で、身動きが取れなかった時に「手に職があれば、誰かの役に立てる」と思いました。
その時に、高校時代のサッカー部のトレーナーのことを思い出し、アスレティックトレーナーを目指すことに決めました。

再進学を決める際、悩んだことはありますか?

仕事との両立ができるか不安でした。仕事場の協力を得ながら上手く調整し、授業と仕事を両立させることで解決しました。
学費も不安でしたが、進学前の1年間で貯め、一括で払うことができました。

仕事のやりがいやこれからの目標を教えてください。

ATの資格を取得したことで、知識がつき、運動療法によってお客さんから肩こりが治ったと言われた時は、やりがいを感じました。お客さんには、機能解剖学、運動生理学、バイオメカニクスという専門用語をわかり易く伝え、行動に移してもらうように仕事をしています。

メッセージ

トレーナーという仕事は、「人の為になれる」、「人の役に立てる」仕事だと思います。
健康を意識していない人は、世界中に誰もいないので、世界中の人がお客さんになる貢献度の高い仕事であり、貢献度が高い分、責任があるやりがいのある仕事でもあります。少しでもトレーナーという仕事に興味があれば、ぜひ目指して欲しいと思います。

卒業生

スポーツジム 三田村 真希さん

取得資格
アスレティックトレーナー

TSRに入学する前の経歴

大学卒業→パーソナルトレーナー→TSR

再進学しようとしたきっかけは?

入学前からパーソナルトレーナーとしてスポーツジムで働いていたのですが、お客さんのケガが多く、
お客さんから対処方法について質問された時に答えることができなかったという経験がありました。お世話になっているトレーナーに相談したら、アスレティックトレーナーという資格を薦められました。

仕事のやりがいやこれからの目標を教えてください。

ATの資格を取得したことで、お客さんに対して、理論的に説明することができるようになり、仕事の幅が広がりました。体の不具合が起きるのは、アスリートだけではなく、一般の方も多くいます。私がパーソナルトレーナーとして頑張ることで、トレーナーの価値を高めていきたいと思います。

メッセージ

トレーナーという仕事は、誰かの役に立つ、誰かを笑顔にするという仕事です。
2年間という期間はあっという間です。トレーナーという職業に興味があれば目指す価値はあると思います。

卒業生

スポーツ用品企画開発 岩井 栄作さん

TSRに入学する前の経歴

大学(経営学部)卒業→TSR

再進学しようと思ったきっかけは?

大学までずっと野球部で、将来は社会人リーグやプロ野球の選手になりたいと思っていました。
結局選手という選択はしませんでしたが、やっぱり野球に関わる仕事がしたいという思いは変わりませんでした。
「選手としてではない関わり方」で野球を仕事にするなら、今までの社会人経験者もいかせると考え、キャリアチェンジを決めました。

在学中に印象に残っていることは?

インターンでプロバスケットボールチーム横浜ビーコルセアーズに行き、生の現場に触れることでやりがいを感じました。そこで、野球にとらわれず幅広くスポーツ現場に関わっていこうと考えが変わりました。

再進学をめざしている人へのメッセージ

在学期間は1年でしたが、機会があればとにかく現場に行きました。
色々なスポーツを通じて視野が広がったと感じます。学校の授業だけでなく、その現場に飛び込んでみて初めてわかることがあります。TSRではその、現場のチャンスがたくさんある。

今、スポーツ業界に就職したいけどどうしたら良いか考えている人は、まずは飛び込んでみるのが大切でそこから道が広がってます!

卒業生

プロサッカーチーム 森島 くるみさん

TSRに入学する前の経歴

大学中退→TSR

再進学しようと思ったきっかけは?

大学でスポーツ心理学の勉強をしていましたが、途中で退学しました。
ふと原点に返って自分のやりたい事を見つめなおした結果、やっぱりマネージャーだと思い、再進学を考え始めました。

現在の職場と仕事内容とこれからの展望は?

現在は関東サッカーリーグ・ブリオベッカ浦安のトップチームのマネージャーをしています。
事務所から氷やビブスなど練習道具を運んだり、タイムキーパーやドリンク作成をしたりなど、練習補助を担当しています。練習試合のブッキング、大会の申請、遠征時のバス・宿泊先の手配など内容はさまざまです。
本部スタッフより選手と同じ日が当たる場所で汗をかいて、浦安でJへ昇格するときに自分がマネージャーとしてチームに貢献していたいです。

再進学をめざしている人へのメッセージ

『夢は思いつづければ叶う』
私がそうだったので、絶対、諦めないで思いつづければ叶います。一緒にがんばりましょう!

卒業生

日本野球機構 鈴木 翔太さん

TSRに入学する前の経歴

大学卒業→就職→TSR

再進学しようと思ったきっかけは?

社会人3年目から、「このままで良いのか」と日々の仕事に疑問を感じ始めました。
とくに仕事に不満はありませんでしたが、やりがいが持てていませんでした。ずっと野球をやっていたので、『いつか野球を仕事にしたい』という思いが学生時代からあり、再チャレンジしました。

在学中印象に残っていることは?

産学連携プロジェクトの活動です。
プロジェクトでは、女子プロ野球機構の運営に携わりました。

活動内容は、試合当日の運営サポート、5回オモテのブレイクタイムショー、試合の集客対策の立案・実施などさまざまです。学生から様々な提案をし、形にするまでのプロセスを数多く経験できたことが、 就職活動での話のネタにもなり、就職に繋がったのかなと思っています。

現在の職場と仕事内容を教えてください。

内容:セリーグの運営業務がメイン。選手契約書類作成、試合運営調整、会議資料作成、関係企業との打ち合わせなど。イベント時、試合運営時に現場視察に行きます。

現在セントラルリーグ運営部に所属しており、セ・リーグと二軍のイースタンリーグの運営が主な業務です。
リーグ表彰(月間MVPや通算○○本安打など)の表彰式やリーグスポンサーのイベントなどがあるときには球場に行きます。

再進学者がTSRを選ぶ3つの理由

1.圧倒的な就職実績

業界で活躍する卒業生は7,257名。さらに現役プロ教師のネットワークによりスポーツ業界との太いパイプがあるため、プロチームなど非公開の求人も多数あります。だから、プロスポーツチームやスポーツ企業へ就職が叶うのです。

  • 就職決定率 100% 2017年3月末実績(259/259名
  • スポーツ業界などで活躍する卒業生 7,257名 2017年3月末実績
  • 現役プロ教師 92% 2017年3月末実績

2.ダントツの資格合格実績

超難関といわれる日本体育協会公認アスレティックトレーナー(AT)資格。本校ではAT資格取得のためのオリジナルシステムを導入し、圧倒的な合格実績です。また、スポーツ業界への就職に大きな武器となるパーソナルトレーナー(CPT/ATI)資格についても本校は全国でNo.1の実績を挙げています。

  • 全国No.1 アスレティックトレーナー 合格者数 219名 TSR1校だけ2016年12月までの累計実績 滋慶学園累計実績 389名 2016年12月まで
  • 全国No.1 パーソナルトレーナー合格者数 588名 NSCA-CPTとJATI-ATI 2016年3月までの累計実績

3.充実の学費サポートシステム

学費専門フィナンシャル・アドバイザー
TSR学生サービスセンター長
中村 裕子

TSRでは再進学する方を対象とした『再進学応援学費分納制度』をご用意しています。
退職金を学費に充てたい。奨学金や、教育ローンも検討したいなど、学費の準備の仕方について、何でも相談して下さい!

再進学応援学費分納制度

再進学をする方で、毎月一定の収入を得られる方を対象にした分納プランです。
授業料、諸経費様に充当します。

学費サポートページを見る

再進学者の声

アスレティックトレーナー養成科 昼間部2年制

伊藤さん

午前中で授業が終わるので、午後が自由に使え1日を有効活用できています。

伊藤さんの1日

1週間の過ごし方

スポーツビジネス実践科 昼間部1年制

成島さん

短大では英語を学んでいました。でも「やっぱりスポーツ業界で働きたい」という夢を諦められず、
「1年間」という短期集中の学びに魅力を感じて再進学しました。

成島さんの1日

1週間の過ごし方