やっぱりスポーツを仕事にしたい

  1. HOME>
  2. やっぱりスポーツを仕事にしたい

大学・社会人を経て夢を叶えた卒業生

  • 私のきかっけ サッカーに関わっていたい

    ヴィッセル神戸馬場 浩平さん 大学→TSR→アスレティックトレーナー養成科

  • 私のきかっけ 手に職をつけたい。

    R-body project宮山 卓也さん 大学→TSR→アスレティックトレーナー養成科

  • 私のきかっけ お客様からの質問に答えられなかった。

    スポーツジム三田村 真希さん パーソナルトレーナー→TSR→
    アスレティックトレーナー養成科

  • 私のきかっけ プロ選手としてでなくても、スポーツに関わりたい。

    プロサッカーチーム岩井 栄作さん 大学→TSR→スポーツマネジメント専科

  • 私のきかっけ マネージャーになりたい。

    プロサッカーチーム森島 くるみさん 大学→TSR→スポーツマネジメント専科

  • 私のきかっけ

    日本野球機構鈴木 翔太さん 大学→TSR→スポーツマネジメント専科

卒業生

ヴィッセル神戸 馬場 浩平さん

取得資格
アスレティックトレーナー、鍼師、灸師

いつ進学しようと考えましたか?

鹿屋体育大学のサッカー部で学生トレーナーとして、トレーナー活動を行いました。選手が怪我をした時、リハビリを行う時にどうすれば良いかわからなかった時に専門知識が必要だと感じました。

再進学を決める際、悩んだことはありますか?ある場合、どう乗り越えましたか?

悩んだことは特にありません。

TSRに進学を決めた理由は?

大学入学前にアスレティックトレーナーの資格を取ることは決めていました。プロのユースチームに所属する後輩から「東京スポーツ・レクリエーション専門学校はサッカーに強い学校ですよ」と薦められてTSRという学校を知りました。後からですが、TSRの後関先生がFC東京のメディカルアドバイザーをしていたこともあり、後輩がTSRを薦めたのだと知りました。
サッカーチームのトレーナーとして仕事がしたいという夢があり、その夢を実現するには、サッカーチームへの就職実績が多いTSRに進学した方が良いと思ったからです。

再進学してよかったことは何ですか?

意識の高いクラスメイトに恵まれ、切磋琢磨して勉強を行うことが出来たことです。
夜間部に通っていたため、意識の高いクラスで、1学年下の後輩に理学療法士や鍼灸師といった資格を持って入学してきている学生がいました。その学生に体の仕組みやアスレティックトレーナーの特別授業でのわからないことを質問し合ったりして、お互い切磋琢磨しながら試験合格に向けて頑張れたことが思い出です。

また、講師の先生方が第一線で働かれているので、現場ですぐに使える知識や現場ならではのことを教えて頂くことができました。 特に、後関先生のアスレティックトレーナー概論はとても役立ちました。トレーナーとしての振る舞いはもちろん、人として社会人として必要なことを学びました。Jリーグチームのトレーナーとして仕事をするようになりましたが、今でも後関先生に教わった内容が現場で活きています。

仕事のやりがい、これからの目標を教えてください。

試合に勝ったときに選手やスタッフと一緒に喜びを共有することができるのがやりがいです。
ユースメンバー(高校生)が、トレーニング前後で変化が出すことが出来たときや、怪我をした選手が無事復帰して、試合で活躍しているところを見たときはとてもやりがいを感じます。
今年度からトップチームも時間が空けば担当しています。今後は、もっと上のカテゴリーでトレーナー活動をしていきたいです。

  1. 10時クラブハウス入り
  2. 10:30~12:30 トップチームの怪我人のリハビリ
  3. 12:30~13:30 昼食
  4. 13:30~15:30 デスクワーク
  5. 16:00~17:30 トップチームの怪我人リハビリ
  6. 18:00~20:00 ユースチームトレーニング

試合の日は、試合開始1時間30分前に集合し、試合中のケガなどに対応します。試合終了後は、クールダウンを行い、業務終了です。

ケガをした選手のケア、健康管理などどのようなサポートをしていますか?

ケガをした選手が競技復帰できるように、各選手の状況に応じてアスレティックリハビリテーションと補強トレーニングを行います。ユース(高校生)年代は、「セルフケア」というのをチームの方針として掲げているので治療はしません。各選手が自分の体に興味を持ち、自分の体を大切にすることに重きを置いています。

TSRの学生生活で学んだことや力をいれたことを教えてください。

実習でサントリーサンゴリアスというトップチームのトレーナー活動ができたことです。
実習先では技術や知識だけでなく、トレーナーの考え方というものを学ぶことができました。メディカルチーム(ドクター・ヘッドトレーナー・アスレティックトレーナー・学生トレーナー)というように、組織で働くという事を学ぶことができました。

メッセージ

この業界は自分も含めて再進学して働いている人が多くいます。
そのため再進学だから遅いという事はなく、この業界で働くチャンスは誰にでもあると思います。
ただそのチャンスはあまり多くないので、TSRでしっかりと学び、そのチャンスを掴み取ることが出来るように頑張ってください。

卒業生

R-body project 宮山 卓也さん

取得資格
アスレティックトレーナー

再進学しようと思ったきっかけは?

1年浪人して、大学に入学しました。入学後、大学3年次にイギリスに留学しました。
大学3年次の10月頃から就職活動を始め、3月に震災が起こりました。就職活動もストップし、
本当は、被災地に行ってボランティアで誰かの役に立ちたいと思いましたが、就職試験の連絡を待たなければならず、身動きが取れなかった時に「手に職があればいいな。そうすれば、誰かの役に立てる」なと思いました。
その時に、高校時代のサッカー部のトレーナーのことを思い出し、そのトレーナーがアスレティックトレーナーだったこともあり、アスレティックトレーナーを目指すことに決めました。
海外チームのトレーナー、Jリーグチームのトレーナーを目指していました。

再進学を決める際、悩んだことはありますか?ある場合、どう乗り越えましたか?

仕事との両立ができるか不安でした。正社員としては仕事との両立は厳しいのは、わかっていたので、仕事場の協力を得ながら上手く調整し、授業と仕事を両立させることで解決しました。
学費も不安でしたが、進学前の1年間で貯めることができ、一括で払うことができました。

再進学してよかったことは何ですか?

社会人のクラスなので、意識が高く、同じ志を持った仲間ができたことです。セミナー等の情報交換し刺激し合える存在です。卒業後の今もトレーナーとして活躍している同級生と情報交換しています。

仕事のやりがいやこれからの目標を教えてください。

ATの資格を取得したことで、知識がつき、運動療法によってお客さんから肩こりが治ったと言われた時は、仕事のやりがいを感じました。お客さんには、方法だけでなく機能解剖学、運動生理学、バイオメカニクスという専門用語をわかり易く伝え、行動に移してもらうように仕事をしています。

メッセージ

トレーナーという仕事は、「人の為になれる」、「人の役に立てる」という良い仕事だと思います。
健康を意識していない人は、世界中に誰もいないので、世界中の人がお客さんになる貢献度の高い仕事がトレーナーです。貢献度が高い分、責任があるやりがいのある仕事でもあるので、是非、少しでもトレーナーという仕事に興味があれば、目指して欲しいと思います。

卒業生

スポーツジム 三田村 真希さん

取得資格
アスレティックトレーナー

進学のきっかけは?

入学前からパーソナルトレーナーとしてスポーツジムで働いていたのですが、お客さんのケガが多く、
お客さんから対処方法、リハビリについて質問された時にトレーナーとして答えることができなかったという経験がありました。対処方法をお世話になっているトレーナーに相談したら、アスレティックトレーナーという資格を薦められました。
入学を決めたのは、年明けの1月です。学校見学に1回行って、その後受験をしました。

再進学を決める際、悩んだことはありますか?ある場合、どう乗り越えましたか?

仕事との両立ができるかどうか悩みました。当時、パーソナルトレーナーとして働いていましたが、アスレティックトレーナー養成科の夜間部に入るために、夜のレッスンを昼間と日曜に変更しました。
変更することによって、収入は減りましたが、授業で知識がどんどん増えていき、お客さんの役に立てていると実感しながら仕事ができ、幅が広がりました。

再進学の際に希望していた職種は何ですか?

私は、パーソナルトレーナーとして働いていたので、アスレティックトレーナーの資格を取得することでパーソナルトレーナーとしての仕事の幅を広げるために資格取得を目指しました。

再進学してよかったことは何ですか?

アスレティックトレーナーの資格試験の勉強することで、今までの知識では物足りなかったことに気づき、再進学して良かったと思いました。
また、同じ目標を持った仲間達と刺激し合いながら、合格できたのは、社会人のクラスならではの良い経験をすることができたと思います。

仕事のやりがいや、これからの目標を教えてください。

ATの資格を取得したことで、お客さんに対して、理論的に説明することができるようになり、仕事の幅が広がりました。体の不具合が起きるのは、アスリートだけではなく、一般の方も多くいます。
私がパーソナルトレーナーとして頑張ることで、トレーナーの価値を高めていきたいと思います。

メッセージ

トレーナーという仕事は、誰かの役に立つ、誰かを笑顔にするという仕事です。
2年間という期間はあっという間です。トレーナーという職業に興味があれば目指す価値はあると思います。
一緒にトレーナーを目指しましょう。

卒業生

プロサッカーチーム 岩井 栄作さん

TSRに入学する前の経歴

大学(経営学部)卒業→TSR

再進学を決めた理由

大学までずっと野球部で、将来は社会人リーグやプロ野球の選手になりたいと思っていました。
結局選手という選択はしませんでしたが、やっぱり野球に関わる仕事がしたいという思いは変わりませんでした。
「選手としてではない関わり方」で野球を仕事にするなら、今までの社会人経験者もいかせると考え、キャリアチェンジを決めました。

なぜスポーツマネジメント専科を選択したのか?

1年間で沢山の現場に出て、視野を広げたり人脈をつくったりできると思ったから

再進学を決める際に悩んだり、葛藤したことは?

進学したいことを、どのように両親に伝えようか?
また、進学の際の金銭面をどうするか?悩みました。
両親とは話し合いをもち、その結果『やりたい』という気持ちを信じてくれて、理解と協力をもらえたことは再進学に大きな後押しになりました。

再進学の際、目指していた業界や職種は?

プロ野球業界を目指していました。
でも入学したら、野球以外のスポーツに関わるのも良いな。と感じるようになりました。

在学中に印象に残っていることは?大変だけど頑張ったことは?

インターンでプロバスケットボールチーム横浜ビーコルセアーズに行き、生の現場に触れることにやりがいを感じました。そこで、野球にとらわれず幅広くスポーツ現場に関わっていこうと考えが変わりました。
それからは、チャンスがあれば多くの現場実習に行き、視野を広げることで考えを深め、自分が本当にやりたい事をみつけるように意識しました。

現在の職場と仕事内容。これからの展望

サッカーのスタジアムでチームのグッズ販売の業務にあたっています。
売り場のセッティングや、スタッフの働きやすい環境などが売り上げ向上につながるので、今は環境を整えるマネジメントがとても面白いです。
現在は出来上がった商品を販売する担当をしているのですが、将来的には先輩スタッフの方々のように、チームの方、メーカの方と一緒に一から商品の企画、開発、製作に関わりたいです。その商品に関わる全ての方々が喜んでもらえるような商品を作り販売していきたいです。

再進学をめざしている人へのメッセージ

入学して1年でしたが、機会があればとにかく現場に行きました。
色々なスポーツを通じて視野が広がったと感じます。学校の授業だけでなく、その現場に飛び込んでみて初めてわかることがあります。TSRではその、現場のチャンスがたくさんある。

今、スポーツ業界に就職したいけどどうしたら良いか考えている人は、まずは飛び込んでみるのが大切でそこから道が広がってます!

卒業生

プロサッカーチーム 森島 くるみさん

TSRに入学する前の経歴

大学中退→TSR

再進学を決めた理由

大学でスポーツ心理学の勉強をしていたが、2年生の5月に退学しました。
大学を辞めてからはスポーツ業界で働くことはあきらめていました。退学後は生活費を稼ぐためにアルバイトをしていて、その時はこのまま、ずっとアルバイトで生活する気でいました。でも、ふと原点に返って自分のやりたい事を見つめなおした結果、やっぱりマネージャーだと思い、大学を辞めた年の9月頃から再進学を考え始めました。

再進学を決める際に悩んだり、葛藤したことは?

再進学して学校に入っても、本当にチームマネージャーになれるのか不安でした。
でも、やっぱり諦めたくなくて、「もう一度やってみたい」という気持ちがあり、進学を決めました。

再進学の際、目指していた業界や職種は?

プロ野球チームのマネージャーです。(今考えると実力もないのに夢を見すぎていましたね)

在学中に印象に残っていることは?大変だけど頑張ったことは?

ビーチバレーの産学連携プロジェクトです。実は、野球以外のスポーツにはほとんど興味がありませんでした。そんななか知識もないまま、現場で実践でした。全てが初めてという環境で仕事に取り組むこと、興味のないスポーツに取り組むことの難しさを感じた。
だけど、大学の時のように諦めず、毎日学校に通ったことは自分自身でも頑張ったと思います。
そして続けていくうちに、野球にこだわらず、スポーツに関わることに魅力を感じるようになりました。

現在の職場と仕事内容。これからの展望

現在は関東サッカーリーグ・ブリオベッカ浦安のトップチームのマネージャーをしています。
9時から13時まで練習。事務所から氷やビブスなど練習道具を運んだり、タイムキーパーやドリンク作成をしたりなど、練習補助を担当しています。午後は事務所で事務作業。練習試合のブッキング、大会の申請、遠征時のバス・宿泊先の手配など内容はさまざまです。
その他、雑務。本部スタッフより選手と同じ日が当たる場所で汗をかいて、浦安でJへ昇格するときに自分がマネージャーとしてチームに貢献していたいです。

再進学をめざしている人へのメッセージ

『夢は思いつづければ叶う』
私がそうだったので、絶対、諦めないで思いつづければ叶います。
がんばりましょうね。一緒に!

卒業生

日本野球機構 鈴木 翔太さん

再進学しようと思ったきっかけは?

勤務3年経過してから、「このままで良いのか」と日々の仕事に疑問を感じ始めました。
とくに仕事に不満はありませんでしたが、やりがいが持てていませんでした。ずっと野球をやっていたので、『いつか野球を仕事にしたい』という思いが学生時代からあり、再進学の検討。再チャレンジしました。

再進学に迷いはありましたか?

特にありません。「給料よりも、やりがい」と思っていたので。
ただ、保護者はしっかりと説得しました。

学生生活について教えてください。

<学生生活でもっとも印象に残っていることは?>
入学後すぐに開始したISM(プロ野球のイベント運営会社)でのインターンです。
<インターンの仕事内容は?>
試合前、試合中イベントなど場内演出の運営サポートを行っていました。
主にイベントのMCや試合中のアナウンスを行うスタジアムDJ付きとして働いており、 放送室にいるディレクターからの指示をDJに伝えるなど、インカムを持って現場と本部をつなぐ役割をしていました。(テレビでいうフロアADのイメージです)

その他にも、同社で映像作品の販売なども行っていたため、試合が無い日は会社に出社して、映像編集のお手伝いもしていました。

マネジメント専科のカリキュラムで最も力をいれたことは?

産学連携プロジェクトの活動です。
プロジェクトでは、女子プロ野球機構の運営に携わりました。

活動内容は、試合当日の運営サポート、5回オモテのブレイクタイムショー、試合の集客対策の立案・実施などさまざまです。女子プロ野球機構自体が学生にも色々な事を任せてくれたので、学生から様々な提案をし、形にするまでのプロセスを数多く経験できたことが、 就職活動での話のネタにもなり、就職に繋がったのかなと思っています。

周りに比べて社会人経歴も長かったため、メンバーが作った資料の確認やプロジェクトの進め方のアドバイスなど、プロジェクト全体が円滑に回るよう、全体を見ながら後方支援をすることが多かったです。

同じ夢を追いかける意識の高い仲間でした。
夢について熱く語れる仲間たちと就職の時にお互い支え合うことができました。

現在の職場と仕事内容を教えてください。

企業名:日本野球機構(NPB)
部署:セントラリーグ運営部
内容:セリーグの運営業務がメイン。
内勤⇒選手契約書類作成、試合運営調整、会議資料作成、
関係企業との打ち合わせなど
現場⇒イベント時、試合運営時に現場視察

現在セントラルリーグ運営部に所属しており、セ・リーグと二軍のイースタンリーグの運営が主な業務です。
リーグの事務局なので、試合がある日でも球場に行くことはあまりありません。
リーグ表彰(月間MVPや通算○○本安打など)の表彰式やリーグスポンサーのイベントなどがあるときに球場に行きます。(だいたい月に3~4回程度です)

  1. 9:30頃  出社
  2. 10:00  メール処理、スポーツ新聞&ネット等で前日の試合をチェック
  3. 11:00  次回イースタンリーグ会議の事前打ち合わせ
  4. 12:00  請求資料の作成
  5. 13:00  昼休み
  6. 14:00  セリーグ理事会資料の作成やオールスターに向けての球団調整
  7. 19:00頃 退社

※以下は、ナイトゲームで表彰式がある場合の一例です。

  1. 15:00 会社出発
  2. 16:00 球場着、球団関係者・審判員記録員に挨拶
  3. 17:00 球団関係者や現場スタッフと簡単に最終確認の打ち合わせ
    (段取りは前日までに電話やメール等でほぼ確定させています)
  4. 17:50頃 表彰式(上司がプレゼンターをするので、その補助がメインです) 
  5. 18:00 プレイボール(試合中は仕事は無く、ネット裏の関係者席で試合を見届けている事が多いです)
  6. 21:00頃 試合終了後、関係者に挨拶して帰宅

再進学を目指す方へのメッセージ

自分のやりたい事を是非、目指して欲しい!
自ら動き、努力した人は、しっかりと結果がついてきます!
TSRの環境をおもいっきり利用して、夢をつかんでください。

TSRを選ぶ理由

1.圧倒的な就職実績

業界で活躍する卒業生は6,844名。さらに現役プロ教師のNETWORKによりスポーツ業界との太いパイプがあるため、プロチームなど非公開の求人も多数あります。だから、チームやスポーツ企業へ圧倒的な就職実績が叶うのです。

  • 就職決定率 100% 平成27年3月末実績(259/259名
  • スポーツ業界などで活躍する卒業生 6,844名 平成27年3月末実績
  • 現役プロ教師 100% 平成27年3月末実績

2.ダントツの資格合格実績

業界で活躍する卒業生は6,業界で活躍する卒業生は6,業界で活躍する卒業生は6,844名。さらに現役プロ教師のNETWORKによりスポーツ業界との太いパイプがあるため、プロチームなど非公開の求人も多数あります。だから、チームやスポーツ企業へ圧倒的な就職実績が叶うのです。

  • 全国No.1 アスレティックトレーナー 合格者数 219名 TSR1校だけ2016年12月までの累計実績 滋慶学園累計実績 389名 2016年12月まで
  • 全国No.1 パーソナルトレーナー合格者数 588名 NSCA-CPTとJATI-ATI 2016年3月までの累計実績

3.充実の学費サポートシステム

学費専門フィナンシャル・アドバイザー
TSR学生サービスセンター長
中村 裕子

自己資金10万円からの進学をプランニングする

再進学をするうえで、課題となることのひとつに学費があります。実際、多くの方が進学の際、学費の分納を希望します。
TSRでは再進学する方を対象とした『再進学応援学費分納制度』をご用意しています。この制度を活用するためには、「月々の分納額」と「現在の貯蓄、進学後の収入」を比較して、いかに無理のない分納計画をプランニングできるかが、重要なポイントになります。
そのプランニングをお手伝いするのが、私たち学生サービスセンター。入学前から、あなたのためだけの学費プランを立てます。
退職金を学費に充てたい。奨学金や、教育ローンも検討したいなど、学費の準備の仕方について、何でも相談して下さい!

再進学応援学費分納制度

再進学をする方で、毎月一定の収入を得られる方を対象にした分納プランです。
授業料、諸経費様に充当します。

学費サポートページを見る

TSRの学科別再進学の割合

再進学者の声

アスレティックトレーナー養成科 昼間部2年制

伊藤さん

昼間課程で学ぶ魅力は?

午前中で授業が終わるので午後が自由に使え1日を有効活用できる点です。また、朝型の生活習慣を送りたかったこともあり、昼間部を選びました。

再進学のきっかけは?

就職活動のとき、やっぱり好きなこと・興味のあることを仕事にしたいと思ったからです。やってみたいという気持ちがあれば自分自身に期待してみる価値はあると思います!

伊藤さんの1日

1週間の過ごし方

スポーツビジネス実践科 昼間部1年制

成島さん

進学の決め手は?

短大では英語を学んでいました。でもやっぱりスポーツ業界で働きたいという夢を諦められなくて。「1年間」という短期集中の学びに魅力を感じて再進学しました。

再進学を検討中の方へメッセージ

私は今、スポーツ業界でインターン中です。このチャンスを就職につなげられるよう頑張ります。だから皆さんも「スポーツ業界で働きたい!」という想いを常に持って一緒に頑張りましょう!

成島さんの1日

1週間の過ごし方

就職サポート

キャリアアドバイザー
TSRキャリアセンター長
奥田 浩之

1,500人以上の専門学生就職させた圧倒的な就職実績

志望動機は?と問われれば、『スポーツが好きだから』という答えが思いうかぶと思います。学生たちも「スポーツ好き」という気持ちで進学してきます。けれど、気持ちだけで就職できるほど簡単な業界ではないのも事実。内定を勝ち取るためには、努力とあきらめない心が必要です。
みなさんには、厳しい部活の練習で培ったあきらめない心、折れない心があるはず。試合だっていきなりレギュラーにはなれない。試合に出るため『これでもか!』っていやになるほど練習した、その経験があなたの力になる。あきらめなければ出来る。
キャリアセンターではプロチームの求人など業界とのパイプを生かして全力でサポートします。スポーツの仕事をあきらめないなら、一度TSRに来て下さい。

就職サポート

圧倒的な就職支援をうみだす充実のサポート制度です。

就職サポートページを見る

  • 就職決定率 100% 平成27年3月末実績(259/259名)
  • スポーツ業界などで活躍する卒業生 6,844名 平成27年3月末実績
  • スポーツ業界就職率 92% 平成27年3月時点(238/259名)