スポーツトレーナー
スペシャリスト科

4年制 高度専門士

SPORTS TRAINER SPECIALIST COURSE

スポーツ科学の力!あなたが選手育成の常識を変える

「このトレーニングにはどんな意味があるだろう…」そんな経験はありませんか?スポーツ科学は、選手の全ての瞬間を記録・分析し、選手本来が持つ最大のパフォーマンスを引き出すことで、怪我によって選手を諦めることがなくなります。そんなスポーツ科学を使う次世代型スポーツトレーナーこそ君にフィットする!!

スポーツトレーナースペシャリスト科で学ぶ内容

スポーツ科学・テクノロジー・ビジネスマネジメントを学ぶ

アスレティックトレーナー

選手に対して競技復帰に向けたリハビリ、選手のケガ予防を行う

ストレングス&コンディショニングトレーナー

選手の競技力向上、パフォーマンスアップと維持を行う

スポーツトレーナースペシャリスト科
在校生インタビュー

PLAY

AT資格とNCSA-CSCS資格について(前編)

PLAY

AT資格とNCSA-CSCS資格について(後編)

PLAY
目指す
職種
  • ストレングス&コンディショニングトレーナー(フィジカルコーチ)
  • アスレティックトレーナー
  • パーソナルトレーナー
活躍
できる
場所
  • プロスポーツチーム
  • スポーツ科学研究所
  • トレーナー派遣企業
  • トレーニングジム
  • フィットネスクラブ

スポーツトレーナースペシャリストを体験できるイベントはこちら!

  • 9/25 [土]

    2つの資格をもってチームトレーナーになるための4年間の学び説明会

  • 10/2 [土]

    2つの資格をもってチームトレーナーになるための4年間の学び説明会

  • 10/3 [日]

    [スポーツトレーナー×スポーツ科学体験]跳躍力・動体視力などを計測します

  • 10/9 [土]

    【トレーニング&分析体験】トレーニングと動作分析を組み合わせたスポーツトレーナー体験!

POINT

スポーツトレーナースペシャリスト科のポイント

TSRアローズラボを使って日本最先端のスポーツ科学を学べる

身体能力を最新の装置で診断する、アローズラボがTSRに誕生。科学的に診断、分析を行いトレーニング方法を競技別・ポジション別にアドバイスすることを少人数ゼミ形式で学びます。専門性に特化した授業で一人ひとりに合わせた対応ができるトレーナーを目指します。

TSRアローズとは?

アローズラボとは、「測定→分析→評価」を柱に基礎体力を見える化することで、競技力や健康の質の向上をサポートする施設です。アローズラボではスポーツ科学の専門家が基礎体力を測定し詳細に分析します。分析した結果から個々の課題を明確にし、競技力や健康の質を高めるためのエビデンスに基づいたアドバイスを提供します。スポーツラボで学び、スポーツ科学を身につけることで、根性論ではなく科学的に裏づけられた証拠をもとに、競技力や健康の質を向上させることができるトレーナーになります。

  • カウンセリング

    アスリートまたは一般のお客様がどのようなことを目指しているかの詳細をヒアリングします。また、これから行う測定の方法についても説明を行います。

  • 測定

    学内のARROWSラボで競技力向上と健康増進において重要な「視力・筋力・持久力・瞬発力・跳躍力」の5 つの基礎体力を測定します。

  • トレーニング

    測定し分析した結果を基に「スポーツビジョントレーニング」「コーディネーショントレーニング」「走力トレーニング」「低酸素マラソントレーニング」の4種類のトレーニングメニューを実施します。

  • 分析

    測定結果に基づき、今後のトレーニング方法を検討するための分析を行いアスリートまたは一般の方に分析結果と今後のトレーニング方針を伝えます。

オリンピック選手も使用するダートフィッシュの分析ソフト!一人ひとりに合ったトレーニングの方法を学べる

オリンピック選手も使用する動作分析ソフトを使用してバッティングやシュートの角度やプレー中の動作分析によるフォームの改善をしたり、プレー中の選手の疲労度を分析してフォーメーションの変更や選手交代などを提案したりします。人の目や経験による判断だけでなく、テクノロジーを駆使した采配で最大のパフォーマンスを生み出す方法を学びます。

  • PLAY

    ダートフィッシュ

    世界各国で特許を取得した高度な映像処理技術で、動作分析・指導から情報の共有化までスムーズに行う、スポーツ、医療、教育機関、製品開発など幅広い分野で活用されている世界標準の映像コーチング、分析ソフトウェアです。動きの残像表示、合成表示、軌道表示、ライブ撮影と過去との比較ができます。
    チームメイトへ共有、配信。こどもの分析からプロ選手まで屋内外問わずどこでもご利用いただけます。

  • PLAY

    「Knows」

    GPSを搭載し、運動中に身につけパフォーマンスを計測する高機能センサー。リアルタイムな心拍数や運動強度、疲労回復などを瞬時に測定し、プレー中推移を数値化。データを蓄積し、事実と理論に基づいた的確なパフォーマンス向上の指導・育成を実現!

多様な産学連携先で選手育成の方法を学びます

装置を使うトレーニングは、プロチーム・海外チームでの使用は当たり前になりつつあります。日本のスポーツ科学はまだまだ発展途上です。TSRが教育提携を結んでいる産学連携のチームでデータの収集・分析を行い、最新の選手育成のためのトレーニング方法を学びます。

スポーツ業界の声

  • PLAY

    これからは、トレーニング科学・動作分析の知識が必須の時代になる!!

    株式会社 エーサイドプロモーション 代表取締役

    中村 正彦 Masahiko Nakamura

    全米認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト(NSCA-CSCS)

    学生時代よりトレーナー活動をスタートし、これまで様々なジャンル、年代のアスリートやチームのトレーニング指導を歴任。現在は、ロンドンオリンピックミドル級金メダリスト。現WBA世界ミドル級王者の村田諒太選手のトレーナーを務める。

  • PLAY

    AT+テクノロジーの学びであなたの夢に近づける!

    株式会社 フィジカルラボ 代表取締役

    金子 聡 Satoshi Kaneko

    日本体育協会公認アスレティックトレーナー(JASA-AT)
    全米認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト(NSCA-CSCS)

    サッカーやバスケットボールなどスポーツチームのフィジカルコーチ、アスレティックトレーナーとしての活動の他、プロテニス選手やランナー、ゴルファー、モデルのパーソナルトレーニングなど幅広くトレーナー活動。また、雑誌やテレビ番組などメディアでの指導・監修も多く行い、スポーツ医科学に基づいた情報の普及活動にも力を入れている。

  • PLAY

    「トレーナーの知識と経験 + スポーツテクノロジー」で新たなトレーナーを目指す

    株式会社オンサイドワールド ゼネラルマネージャー

    八木 一成 Kazunari Yagi

    motus baseballという野球のピッチャー向けのテクノロジー製品を提案・販売をしている。導入実績はアメリカ大リーグの27球団だけでなく、日本のプロ野球球団にも入っている。
    ピッチング時の動作分析や、肘にかかるストレス値の数値化を行うことでパフォーマンスアップとケガ予防を行うことができる。これからのトレーナーは、計測されたデータをトレーニングに活用していく必要があると提唱している。

  • PLAY

    B.E.A.T

    「科学に導かれる、必然の成果を」というコンセプトを掲げる外苑前にオープンしたトレーニングスペース「B.E.A.T」。モーションキャプチャーを始めとする最先端の計測機器を使用し、カラダの状態を客観的に把握。そして、その結果に基づき、スポーツ科学を背景にした効率性が高いトレーニングを提供し、 お客様が求める成果へと導いていきます。

スポーツに関わる様々な
資格を取得できる!

【資格】

  • アスレティックトレーナー資格
  • NSCA-CSCS(ストレングス&コンディショニングスペシャリスト資格)
  • JATI-ATI(トレーニング指導者資格)

特に、アスレティックトレーナー資格とNSCA-CSCSのダブルライセンス取得をすることでアスレティックトレーナー、S&Cトレーナー(ストレングス&コンディショニング)としての就職を目指します。

活躍フィールドのイメージ

  • スポーツチームの場合

    上図の通り、アスレティックトレーナーとしてあるいはストレングス&コンディショニングトレーナーでの就職を目指します。

  • スポーツジムの場合

    AT資格とNSCA-CSCS資格で、スポーツジム内であらゆる対象者に対してトレーニング指導が出来る人材として就職を目指します。

在校生の声

店橋さん (2021年入学)

「4年制ならでは!」の、面白く刺激的な学びで目標も明確になりました。

スポーツ科学も含めて幅広く学ぶことができる4年制だから、通常授業だけではなく、スポーツ業界の方からの特別授業や、直接プロスポーツ選手に対して指導できる機会があります。最新機器ある環境も刺激的です!

講師の声

株式会社日本スポーツ科学 中塚先生

スポーツを科学的に捉えて、様々な視点で分析できる力を養います。

スポーツトレーナーとしての知識・技術だけではなく、新たにスポーツ科学の知識を組み合わせることで、根拠のあるトレーニング指導を実践できるようになってほしい。データに基づいた効率的なトレーニング指導に興味を持つ方はぜひチャレンジしてください。

MORE INFO

その他の情報

ピックアップ授業

LESSON

スポーツ科学(アローズラボゼミ)

スポーツ科学を科学的にとらえるために5大基礎体力(視力/筋力/持久力/瞬発力/跳躍力)を測り、効果的なトレーニングに結び付けるための実技授業

LESSON

フィジカルトレーナー実践

筋力や持久力を向上させ、競技のパフォーマンスを上げるための理論を学び、実践を通してトレーニング技術を習得する講義・実技授業

LESSON

トレーニング分析

トレーニング指導時に、トレーニング効果を分析するための専用ソフトウェアを組み合わせた実技授業

ピックアップ授業 トレーニング分析

PLAY

時間割例

1 9:10〜10:40 応急処置 コンディショニング基礎(テーピング) スポーツ選手トレーニング分析 スポーツ外傷・障害の基礎知識 コンディショニング基礎(エクササイズ) スポーツ科学(アローズラボゼミ)
2 10:50〜12:20 実習前教育講座 トレーニング実技 ストレッチ スポーツ心理学
3 13:10〜14:40 フィジカルトレーナー実践 運動生理学 スポーツ科学(アローズラボゼミ) トレーニング科学 運動器の解剖と機能
4 14:50〜16:20 トレーニング分析 HR トレーナー概論
  • 時間割は変更になる場合があります

各学科・専攻の詳細はこちら!